【MHF】GAME Watchの「オルガロン」の先行体験やシーズン7.0とか

スポンサードリンク

GAME Watchのカプコン、WIN「モンスターハンター フロンティア オンライン」ネットカフェイベント開催記事で、簡単な「シーズン7.0」以降のアップデート予定やオルガロンの狩猟画像がありワクワクだよぉ 🙂

GAME Watch画像

「シーズン7.0」以降のアップデート予定から気になった事項

剛種チケット制度があるため、クエストがギスギスしたり、チケット集めに手間がかかるという意見について杉浦氏は、「剛種武器は性能的に最高の位置づけのため、簡単には入手できないように1つのクッションとして導入しています。現状では剛種チケットがクッションの役割を果たしているだけであって、剛種チケットを別の仕組みに変更することについては運営でも議論中です。報告できる状態になったらWEB上で公開します」と述べた。

剛種チケットは、フロンティアクエスト「剛種への道・○○○」で入手できますね。もう、このシステム辞めましょうよ。全変種クエストの報酬で入手できるようにしちゃえばいい。もちろん、ギスギスするのは嫌だけど俺的には別の問題もあるんです。

それは、既に飽和状態なのにフロンティアクエストの配信枠が限られている事。16日から配信されるクエストを見てガッカリ。1ヶ月以上配信されていない救済クエストもあるし。ずっと待ってるんだよぉ。

それなのに毎週「剛種への道・○○○」で3枠使うなんて、はんかくさすぎるでしょう。この3枠、別の救済クエに充てて下さいな 😥

双剣のバランス問題に関しては、安易に鬼人化できてしまう現状を変更する形で取り組み、双剣の性能やシステムは変更せずに、武器種間のバランスを改善していくという。これについては、11月に方針を発表し、その後アンケートを実施した上で、12月の「シーズン7.0」で実装する予定だという。

これで、ラファ至上主義に終止符をうって欲しいかなぁ。いい感じに改善されるよう期待しよう。

現状のスキルの上位版を実装するという。例えば、「攻撃【大】」の上位の「攻撃【特大】」といったものを導入することで、満遍なくスキルを取得するか、スキルの中でもある系統のものだけに特化するといったように、スキル構成の幅を広げることを目指しているという。

剛力スキル以外の攻撃特化スキルはあまり無かったので、面白くなりそう。

「オルガロン」の先行体験の記事を見て

先行体験では討伐に成功する組もあったが、多くはクエスト失敗か、先行体験会の制限時間である10分をオーバーしていた。今までのモンスターに当てはめられない独特な動きで、新鮮な気持ちで狩りができた。9月16日の「シーズン6.0」で実装された際は、色々な武器種で戦ってみて、ハンター同士で戦術を議論するのが楽しみなモンスターだと感じた。

参加者は、オルガロンと戦う事ができたみたいですね。ウホッ。10分間の制限があるのは仕方ないけど、多くの参加者がクエスト失敗したとか。イベントに参加するハンターさん達は、神プレイをするという勝手なイメージを持っているので、オルガロンに期待大ですねぇ。

最後に、このオルガロンのドアップ顔が可愛すぎだろっ♪ねぇ、魚眼レンズ使ったの 😳


スポンサードリンク



モンスターハンターフロンティアオンライン推奨スペックゲームPC

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2009 年 9 月 15 日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MHFプレイ日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ